東京パラリンピック目指す 車いすテニスの坂口さん

松崎市長を表敬訪問

 ジュニア車いすテニスで活躍中の高洲小学校5年、坂口竜太郎さん(11)が2月19日、松崎市長を表敬訪問=写真。日本選手権準優勝などを報告した。

東京パラリンピック目指す 坂口竜太郎さん

 福岡出身の坂口さん、不慮の事故で脊髄を損傷、米国でのリハビリを経て神奈川からバリアフリーが充実している浦安市に5年前転居。4~5歳で始めた車いすテニスは素早いチェアワーク(車いすフットワーク)が特徴。
 昨年、浦安で4回のジュニア車いすテニスで優勝するなど飛び抜けた実力。

 松崎市長から「がんばろうね」と激励された坂口さんは「これからもいろいろな大会で優勝し、5年後の東京パラリンピックに出場したい」と力強く話した。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る