行政

冒険心育む「こどもの広場」開設

県内初の試み

自然の中たくましい浦安っ子育てる
シンボルツリーは高崎市から移植

 自然に近い環境で子供が想像力を働かせ、冒険心を育む “どろんこ遊び” や木登りを思い切り楽しんで― 。浦安市が千葉県内初の試みとして27年度に高洲2丁目に開設する「こどもの広場」の “シンボルツリー” がほぼ固まった。

 2月初旬に松崎秀樹市長が「市民の森」がある群馬県高崎市の自然林を視察して “内定” した。高さ8メートル程度の自然木になりそう。広場は今夏に開園予定だが “生身” の自然木だけに、現地の専門家などと協議したうえ、秋ごろをメドに、高崎から広場に移植する予定だ。

こどもの広場 シンボルツリー

高崎市から移植される。シンボルツリー・(イメージ)

 こどもの広場は、広さ約8000m2で3月下旬に着工し8月末に完成予定。この広場がユニークなのは、既製遊具が中心の公園とは違い、自然のロケーションを活かして “どろんこ遊び” ができる土遊び場や、「じゃぶじゃぶ池」のほか、ウッドデッキ4ヵ所、芝生広場、築山、植栽などを配置する。シンボルツリーは土遊び場の北側に隣接して移植する。
 広場の入園対象は幼児から小学生(13歳未満)と、その保護者。既製遊具がないだけに、プレーリーダーと呼ばれる7人のスタッフが遊びの見守りとお手伝いをしながら、子供たちが自由な発想での手づくりの遊び場や、木登り、 “秘密基地遊び” などを楽しんでもらう。こうした遊びを通じて “たくましい浦安っ子” を育てるのも広場設置のねらい。
 松崎市長は「いま(の子供)は何をやってもダメといわれるので、『木・土・水』などがキーワードです。プレーパーク整備の一環だが、 “弁当とケガは自分もち” が基本です」という。

 広場の開園時間は9時~18時ごろを想定。1日当たり150人の利用を見込む。
 延床面積約209m2の木造平屋管理棟のほか、駐車場(61台)、駐輪場(67台)も整備する。

関連記事

  1. 猫4町会 神輿で 防犯パト兼ね渡御 猫4町会 神輿で防犯パト兼ね渡御
  2. ヨーカドー新浦安店 食品館で再出発 6/28 ヨーカドー新浦安店 食品館で再出発
  3. 『青べか物語』それぞれの想い 映画公開50周年 『青べか物語』 それぞれの想い
  4. 姉妹都市オーランドから ドクターフィリップス高が来日 姉妹都市オーランドから ドクターフィリップス高が来日
  5. 学校・公共施設のブロック塀 1か所は月内改修完了 学校・公共施設のブロック塀 1か所は月内改修完了
  6. 東京五輪・パラリンピック 市が8選手に育成補助 東京五輪・パラリンピック 市が8選手に育成補助
  7. 小規模事業 伴走型支援 小規模事業 伴走型支援 創業から販路拡大まで
  8. 浦安市 少年消防団 ダブル受賞

新着記事

  1. 多彩な趣向に子どもが夢中! 郷土博物館の体験講座
  2. 税に関する絵はがきコンクールを開催
  3. 東京ディズニーリゾート 「ニューイヤーズ・グリー ティング」を開催
  4. 浦安商工会議所 賀詞交歓会開く
  5. 矢野京介 弁護士
 
PAGE TOP