浦安点描: 「河津桜」で ひと足早く花見

「河津桜」で ひと足早く花見

 
 梅は咲いたか、桜はまだかいな― と江戸端唄で唄われるが、啓蟄を前に浦安市堀江の「さくら広場」で河津桜1本が満開になり、広場を訪れる家族連れなどの目を楽しませている。
 
 河津桜は寒緋桜と大島桜の自然交配種で、早咲きの桜として知られ、花が大きくピンク色が特徴。静岡県河津町が有名だが、新中通り周辺の住民はソメイヨシノより1カ月早く “花見” を楽しんでいる。
(2月27日撮影)


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る