うらやす震災 復興祈念のつどい  3・15開催

うらやす震災復興祈念のつどい 3・15開催

 浦安市に液状化被害など大きな爪あとを残した東日本大震災(3.11)からまもなく4年目。市は「うらやす震災復興祈念のつどい実行委員会」とともに、復興への歩みと大震災の記憶を風化させないため、3月15日午前10時~午後4時まで、新浦安駅前広場で「第4回うらやす震災復興祈念のつどい~災害に強いまち・浦安を目指して~」を開く。
 この日は、ちびっ子防災体操、福島県の風評被害講演や、浦安市の災害対策講演、応急救護デモンストレーション、市民団体パフォンーマンス、消防音楽隊演奏などのステージイベントが行われる。
 また、市民の防災点検、市の将来を担う中学生たちの立志塾活動報告、自主防災組織と市消防団の活動紹介、地域防災計画、災害への備え、内水氾濫や竜巻対策、今後の復興工事及び進捗状況、市街地液状化対策事業、災害の恐ろしさを知る映像上映などの展示もある。災害ボランティアセンター紹介や防災ワークショップなども行われる。
 このほか、市内団体や福島県からの出店、防災用品販売など物販コーナーも設けられる。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る