行政

宿泊型産後ケア事業 3ヵ月経過で徐々に浸透

宿泊型産後ケア事業 徐々に浸

15人登録4人利用 2月以降9人が予定

 浦安市は1月末までに、昨年10月15日から始めた市民で初産婦が対象の宿泊型産後ケア事業の利用結果をまとめた。
 それによると、15人が事前登録し、このうち4人が当代島の東京ベイ浦安・市川医療センターに宿泊した。キャンセルしたのは2人。
 市健康増進課によると、2月以降、9人が利用を予定していることから「少しずつ宿泊型産後ケア事業が周知されてきた」とみている。
 この事業は、産後のお母さんと赤ちゃんの生活リズムづくりのため、東京ベイ浦安・市川医療センターに宿泊し、育児相談や授乳指導を受けられる仕組み。
 利用対象は市民で初産婦▽育児への不安がある▽出産後、里帰りしない、できない▽家族などの支援がない▽医療管理が必要なく、退院が許可された母子▽出産した医療機関から直接、同センターに来院できる母子-となっている。
 料金は1泊2日で6000円、1日追加で3000円(原則7日以内)。
 利用方法は、出産予定日の3ヵ月前から1ヵ月前までに健康増進課保健指導係(でんわ381・9058)へ事前登録が必要。
 受付は祝日除く月~金9時~17時。登録完了後、出産して2~3日中に東京ベイ浦安・市川医療センター(予約センターでんわ351・3230、祝日除く月~金8時半~17時)に直接電話で申し込む。

関連記事

  1. 不育症夫婦に助成 男性不妊治療にも 不育症夫婦に助成 男性不妊治療にも
  2. 親と子で考えようケータイルール スマホ講演会 親と子で考えようケータイルール スマホ講演会
  3. 振込詐欺防いだ銀行員に感謝状 詐欺を未然に防いだ銀行員に感謝状
  4. 認知症の市民が住み慣れた 地域で生活するために 認知症サポーター講座 認知症の市民が住み慣れた地域で生活するために 認知症サポーター講…
  5. 「健幸ポイントプロジェクト」応募者殺到 「健幸ポイントプロジェクト」「健康で幸せ」 応募者殺到
  6. 市長が予算説明会 900人の市民が参加 市長が予算説明会 900人の市民が参加
  7. 新庁舎開庁式は6月末 新庁舎開庁式は6月末 7月1日からパスポート窓口スタート
  8. 立体駐車場、使用開始 市役所3時間半無料 立体駐車場、使用開始 市役所3時間半無料

新着記事

  1. 浦安小さな旅(1) 「原風景を巡る」
  2. うらやすの人(54) 豊洲市場の仲卸会社「山治」社長 山﨑康弘さん(50)
  3. 浦安市、特別職給与、 議員報酬削減
  4. 浦安の小中学校と幼稚園は登校・登園に
  5. 営業を再開「イクスピアリ」6月1日より
 
PAGE TOP