40人前後が立候補か 2月11日 市議選説明会を開催

40人前後が立候補か 2月11日 市議選説明会を開催

 今年は4年に一度の統一地方選が行われる。日程は第1陣の県議選浦安市選挙区(定数2)が4月12日投開票(告示同3日)、第2陣の市議選が同26日投開票(告示同19日)。浦安市選管では年明け早々から投票率アップの啓発活動や、市議選立候補予定者説明会などの準備に追われている。
 統一地方選のうち、市民に最も身近なのが市議選(定数21人)。市選管では、その立候補予定者の説明会を2月11日午後1時30分から、消防庁舎3階の多目的ホールで開く。祝日に説明会を開くのは「サラリーマンなど平日に休めない人に門戸を広げるため」としている。供託金は30万円。
 前回市議選(23年4月17日告示、同24日投開票)は、「3.11」の東日本大震災の影響などで立候補予定者や書類を受け取った人合わせて41人中、実際に立候補したのは31人で、11年以降では最も少なかった。投票率も43.81%(男42.66%、女44.95%)と低調だった。
 市選管によると、連絡所など年間を通しての政治活動用掲示の申請が1人からあったほか、数人の新人の立候補も取りざたされており、今回は現職を含め40人前後が立候補しそう。
 昨年12月2日現在の有権者数は12万7554人。開票は4月26日午後9時から文化会館大ホールで行われ、11時半ごろの終了を目指している。
 立候補者の選挙公報は、市選管のホームページで4月19日の告示日の夜にアップされるという。各戸配布は同22日の予定。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る