医療・健康

Dr.竜の「診察ノー卜」第17話: 健康長寿を目指そう

「寿命」について考える

 長寿は人類共通の願いだろう。日本の2012年の女性の平均寿命は86.8歳、男性は80.09歳で、この願いは達成しているかのように思える。
 しかし2000年、WHO(世界保健機関)が、介護を受けないで自立した生活ができる生存期間「健康寿命」の概念を公表して以来、長寿の質が注目されている。

竜 崇正 先生

竜 崇正 りゅう・むねまさ
浦安ふじみクリニック院長
=浦安市富士見2-18-9=

<健康寿命と平均寿命に大きな差>

 2010年の健康寿命は男性70.4歳、女性73.6歳と、世界第1位である。しかし、健康寿命と平均寿命との差が大きいのは大問題であり、亡くなる前、女性で12年、男性で9年も人の世話になって生きている。 
 日本における死因の第1位はがん、第2位は心疾患、第3位は脳血管疾患、第4位は肺炎、第5位は不慮の事故である。
 がんは検診を受けて治るがんを早期に治せば、健康長寿が得られる。喫煙しないこともがん予防に大事である。心疾患や脳血管疾患には、高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満などのいわゆる生活習慣病の予防が大事で、このため特定健診が行われている。高血圧、糖尿病は動脈硬化を助長するので、早くから適切な生活習慣と治療が必要である。特に脳血管障害は、意識を失ったまま絶対治らない不毛の長期治療となる。

<大事な禁煙の徹底>

 肺炎の中に、動脈硬化を来たし、発癌リスクを倍増するので、喫煙は悪であることを、徹底すべきである。高齢者の女性は、骨が弱くなって骨折して寝たきりになりやすいので、骨粗鬆症の治療が重要である。認知症も明日はわが身の大問題で、早期からの治療と地域での支えあいが大事である。近年、意識が無くなり、胃瘻や人工呼吸機で命だけ長らえているケースも多く、社会の大きな負担となっている。

 これからは、自分の意思を持って生きる概念を加えた「健康寿命」が寿命という社会を育てたいものである。

関連記事

  1. うらやすの人(34): ボランティア弁当作り 40年 飯嶋町子さん(79) うらやすの人(34): ボランティア弁当作り 40年 飯嶋町子さ…
  2. ブリオベッカ浦安 新監督に都並敏史(つなみ さとし)氏就任 ブリオベッカ浦安 新監督に都並敏史(つなみ さとし)氏就任
  3. 元高校球児が “ファインプレー” 元高校球児が “ファインプレー”  新浦…
  4. 第16回うらやす パリ祭を開催 第16回うらやすパリ祭を開催
  5. 浦安市美術展 92歳工藤さん ダブル受賞 浦安市美術展 92歳工藤さん ダブル受賞
  6. 「うらやす体操」完成披露 『うらやす体操』完成披露
  7. 浦安市 高齢者の“いま”を実態調査 浦安市 高齢者の“いま”を実態調査 「5分前に聞いたことは…」
  8. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(18) 生命保険と相続

新着記事

  1. 浦安小さな旅(1) 「原風景を巡る」
  2. うらやすの人(54) 豊洲市場の仲卸会社「山治」社長 山﨑康弘さん(50)
  3. 浦安市、特別職給与、 議員報酬削減
  4. 浦安の小中学校と幼稚園は登校・登園に
  5. 営業を再開「イクスピアリ」6月1日より
 
PAGE TOP