Dr.フリップス高校生が 日本武道・茶道に親しむ

オークランド市姉妹都市提携25周年

 米国フロリダ州オーランド市との姉妹都市提携25周年を記念して同市のドクターフリップス高校生29人と引率先生ら6人の計35人が11月21日、浦安市を訪れた。
 一行は29日まで市内でホームステイしながら「英語プレゼン大会」(24日)や松崎秀樹市長への表敬訪問、高洲中での給食体験、浦安高での部活体験(25日)などを通じて交流を深めた。

中学生と給食体験

中学生と給食体験で交流=高洲中

日本武道を体験

剣道部員の指導で、木刀、竹刀を手に日本武道を体験=浦安高

 このうち、高洲中では高校生のナタリー・オチョワさんらが1年生の各クラスに別れて給食体験。チーズパン、ハンバーグにスープ、牛乳、プリンのランチメニューに「デリシャス」と舌鼓を打った。
 また、浦安高での部活体験では剣道部員の模範演技に続いて、木刀、竹刀を手に日本武道を体験。高校生らは「エキサイティング」と言いながら型を学んだ。さらに弓道部では28メートル先の直径36センチの的に矢を射る弓道に挑戦。男子が的近くに矢を飛ばすと、女子が「今度は私」とチャレンジするなど好奇心肝盛。
 一方、茶道部では部員が点てた抹茶を一人ひとりがあぐらをかいて飲み干した。
 初めての抹茶に顔をしかめながらも「ありがとうございました」とお礼の言葉を述べた。

茶道体験

茶道体験では抹茶が苦かった?=浦安高

紙人形で交流

「紙人形」を通じて交流する日米の高校生=文化会館


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る