おさんぽカメラ: 認知症メモリーウォーク 安心して住める浦安に

 「第2回認知症メモリーウォーク・千葉in浦安」(石川正純・実行委員長)が11月16日、新浦安駅前広場を中心に開かれた。認知症への理解を深めようと、浦安市社会福祉協議会、自治会連合会、老人クラブ連合会や、福祉応援団PねっとなどNPOや各種団体が協力。

認知症メモリーウォーク

ポカポカ陽気のなか、元気に出発!

 参加した528人は、新浦安駅からシンボルロード日の出交番までの往復2.5キロ(ハーフ1.25キロ)で、風船を手に「認知症になっても安心して住める浦安」を訴えた。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る