オーランド高校生前に 「英語でプレゼン大会」  11.24 文化会館で開催

英語でプレゼン大会

 浦安市国際交流協会(白木聖代会長)は11月24日、文化会館大会議室で「英語プレゼンテーション大会」を開催する。米国フロリダ州オーランド市との姉妹都市提携25周年を記念して同市から35人の高校生らが浦安市を訪問するのに合わせて企画した。

 対象は浦安在住の中学、高校、大学生で、英語で日本のことや米国の高校生が興味を持ちそうなトピックについて、パワーポイントなどを使ってプレゼンしてもらう。9組がエントリーしているという。

 同協会では、東京オリンピック招致のプレゼンを例に、今後、国際社会でわかりやすく、モノを見せて聴衆にプレゼンする「Show and Tell」機会が増えるとみており、日本の学生も若いころからこうした能力や技術を学ぶ機会を持つべきとしている。
 当日は14時~16時の間、1人~5人程度のグループがパワーポイントなどの映像を使って、持ち時間7分で、来日したオーランド市の高校生ら前で英語でプレゼンする。
 同協会では「無料なので気軽にどうぞ」と来場を呼びかけている。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る