4月に特養老人ホ―ム開設 浦安市84人収容で当代島に

 浦安市は高齢者対策の一環として、当代島に特別養護老人ホーム「うらやす和楽園」を建設する。27年4月にオープン予定。収容人員は84人で、入所希望者(待機者)解消の一助になる。
 市によると、今年7月1日現在で、特別養護老人ホームヘの入所希望者は要介護1から5までの人を含めて352人。長年、入所を希望しながら待機している人も多いという。家族の負担も大きく、市にたびたび入所を訴えている人にはこのオープンは朗報。

うらやす和楽園

うらやす和楽園の完成予想図

 うらやす和楽園が建設されるのは当代島公民館に隣接する敷地(当代島2の14)で、鉄筋6階建てで延べ床面積約4000平方メートルでエレベーター付き。ユニット型個室54床。全室個室だが、リビングなど10人単位で生活する。従来型多床室30床。2人と4人部屋で、30人単位のフロアで生活する。
 費用は収入など条件で4~1段階に分けられる。来年4月に介護保険制度が改正されるので、入居費用も変わる。現段階では要介護3を例にとると、料金は収入などによって4段階に分けられる。4段階では月額(30日)で個室は9万9960円から4万2660円、多床室は7万6680円から3万4680円になる。
 入所できるのは、現在は要介護1からだが、法改正後は原則要介護3以上となる。要介護1、2の人は特養老人ホーム以外での生活が困難で、国が定めた条件に合わなければ入所できない。
     ◇
 和楽園の入所説明会(すべて当代島公民館)日程は次の通り。
 ▽11月15日 9時半~11時45分
 ▽11月23日 13時半~16時
 ▽12月13日 同
 ▽12月19日 17時半~20時
 ▽1月17日 13時半~16時
 ▽1月28日 17時半~20時

 対象は入所希望者とその家族で各40人。介護保険被保険者証コピー、過去3か月の在宅サービス利用票、利用票別表コピーを持参。運営法人は社会福祉法人東京栄和会。申込・問合はうらやす和楽園開設準備室03・3675・1201


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る