柳内会頭、2年半で明大大学院修了 「青山ゼミ」は楽しかった

 浦安商工会議所の柳内光子会頭が9月19日、明治大専門職大学院ガバナンス研究科専門職学位課程ガバナンス専攻を修了した。
 尊敬していた元東京都副知事の青山佾(やすし)特任教授のもとで学びたい、というのが入学のきっかけ。経営者であり、会頭など多くの要職をこなしながらの “2年半の快挙” に、「さすがは柳内さん」と祝福の声が寄せられている。

柳内 光子会頭

柳内光子会頭

 柳内さんは、24年4月に同大に入学。大学入学認定資格を取るため、半年間、毎日政経学部で現役学生とともに猛勉強し単位を取得。
 念願のガバナンス研究科では青山教授から直接、指導を受けた。「実践を踏まえて経験したことを学びました。若い学生や経営者じゃない先生たちに “教えてあげたいくらい、証拠に残したい” という気持ちでした」と、寸暇を惜しんでの青山ゼミでの勉学を振り返った。
 さらに付け加えた。「先生も学生も私もためになったし、楽しかった」と “生涯学習” のすすめを話してくれた。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る