子育て応援メッセ イクメンパパ大奮闘

 乳幼児を抱える夫婦やプレパパ、プレママに呼びかけた「浦安子育て応援メッセ」が9月27日、新浦安駅前の市民プラザWave101で開かれた。
 子育てサポーターや市民団体、企業、行政が実行委員会(実行委員長・中島純子NPO法人i-net代表理事)を組織。協賛22団体などが市民プラザ全館を使って、34のブースをつくり、シンポジウム、ワークショップ、交流会などを開催した。

浦安子育て応 援メッセ

童謡を口ずさみながらベビーマッサージに取り組むイクメンパパ=練習室

 今年は10回目。協力団体や参加者は年々増えて、午前11時から午後4時まで、3000人近くの人たちでにぎわった。
 スキンシップを通して、乳児期からの絆づくりに取り組む「Hand to Heart」主催のベビーマッサージ講座。参加したイクメンパパは「オイルを塗りながら童謡を歌い、自分の声を聴かせながらの全身マッサージ。赤ちゃんは喜ぶし、初体験でしたが夫婦で楽しめました」と、生後2ヵ月の赤ちゃんを抱いて、うれしそうに話していた。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る