浦安SC初優勝!! 全国決勝大会へ JFL昇格目指し後援会発足

浦安SC初優勝!! 全国決勝大会へ (タイトル)

 関東サッカーリーグ1部の浦安SCが今季、2部から昇格して、初優勝を飾った。悲願だったJFL(日本フットボールリーグ)入り目前の快挙に、地元ではスポンサーなどが中心となって、後援会(会長・浦田一哉株式会社ウラタ社長)を結成。今後、サポーターなどに支援の輪を広げる。
 チームは初Vを前に緊張したのか、終盤足踏みを続けていたが、9月21日、千葉市・千葉県総合スポーツ総合センターで行われた後期第9節で、VONDS市原と1-1で引き分け。勝点を40に伸ばして優勝を決めた。
 悪天候で延期となっていた10月5日の最終戦は引き分け。総合の対戦成績は12勝5分1敗。勝点41。最終的に2位との勝点差は5ポイント差に縮まっていた。

浦安SC初優勝

初昇格初優勝を決め、胴上げされる斎藤監督
=9月21日、千葉県総合スポーツセンターサッカー場

 初昇格、初優勝を決め、齋藤芳行監督は「決勝大会にピークを持っていけるよう、もう一度調整して必ず昇格します」と、500人近くのサポーターに約束、喝采を浴びた。
 次は11月7日から始まる全国地域サッカーリーグ決勝大会(第38回)。JFLへの昇格戦となり、地域リーグ、9地区の優勝チームと全国社会人サッカー選手権大会の上位3チームの計12チームが3グループに分かれてリーグ戦を戦う。
 この大会は真に強いチームを選び出すため毎年、3日間連日試合が行われる過酷な決勝ラウンド。勝点で各グループ1位を決め、全体の2位を加えた4チームが再び、11月22日から3日間、第2ラウンドを行う。
 こうして上位2チームがJFLに自動昇格、3位はJFL下位3番目チームとの入れ替え戦となる。公平性を保つため今年の大会場所は、山梨、茨城、山口、千葉の4地域で行われる。
 JFLは、アマチュアサッカーの最高峰。今年は参加クラブ14チーム、来年度は16チームに増える予定で、それぞれがJ3リーグ入りを目指す。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る