浦安SC初Vお預け 関東サッカーリーグ1部

浦安SC初Vお預け

 関東サッカーリーグ1部の浦安SCは、9月7日に千葉県旭市で行われたリーグ戦後期7節で、2位の東京23FCと0-0で引き分け、初昇格、初優勝は次戦以降に持ち越した。
 浦安SCは、8月10日の4節対日立ビルシステム戦が悪天候で10月5日に延期され、暫定順位となっているが、8月16日の5節さいたまSCに3-0で勝利し、勝点を35に伸ばした。

浦安SC 流通経済大学戦

負けなしの記録が途絶えた流通経済大学戦(浦安SC提供)

 31日の6節は前期も苦戦した流通経済大学FCに1-2で今大会初の負け。7日の直接対決で引き分けたため、2位との勝点差は6ポイント差に縮まった。
 浦安SCは9月15日に暫定7位のtonan前橋、21日に同4位のVONDS市原、同8位の日立ビルシステムとの戦いが残っている。1勝以上なら2位が全勝しても15ポイントの得失点差があり優勝がほぽ決まる。
 チームの戦績は11勝3分1敗。リーグ2部に昇格した昨年から32試合負けなし(29勝3分)の記録が続いていたが、後期6節で途絶えた。
 関東リーグの優勝チームは、11月予定の全国地域リーグ決勝大会に出場する。この大会は、日本アマチュアサッカーのトップリーグ(JFL)入りの昇格戦となり、全国9ブロックの優勝チームと全国社会人選手権の上位チームが再び総当たりの試合を行う。上位2チームは自動昇格、3位は入れ替え戦となる。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る