おさんぽカメラ: 浦安高1年生が大学やヘリポート、 産経印刷工場など見学

おさんぽカメラ: 浦安高1年生が
大学やヘリポート、産経印刷工場など見学

知らない浦安を “新発見”

 県立浦安高校の1年生240人が6月19日、ミニクルーズで東京湾から浦安を眺め、印刷工場見学や大学訪問で知っているようで知らない浦安の姿を学んだ。
 浦安観光コンベンション協会が企画するツアー「浦安体験くらぶ」を活用した社会見学で、生徒らは午前9時半に海楽の校舎を出発。明海地区では明海大学と了徳寺大学キャンパスで「大学とはどんなところか」を学び、三井ガーデンホテルプラナ東京ベィでは、浦安を支える観光産業の現場で “おもてなしの心” を学んだ。

産経新聞印刷千鳥センター

巨大な高速輪転機を見あげる高校生。家に届く新聞が同じ市内で印刷されていることを学んだ
=産経新聞印刷千鳥センター

 千鳥地区では住宅街とは異なる浦安の姿を探訪。浦安マリーナから約30分間の船旅では陸上からは見ることのできない、違う角度からの東京ディズニーリゾートホテル街に歓声があがった。
 エクセル航空の格納庫では普段は地上から見あげているヘリコプターを間近に見学。「1機約10億円」の値段にビツクリ。ヘリポートで記念写真におさまった。
 産経新聞印刷千鳥センターでは巨大な輪転機や自動化された新聞用紙の供給装置、刷り上がった新聞の仕分け設備を見て、新聞が家に届くまでを学んだ。
 女子生徒のひとりは「海から浦安を見たのは初めて」と新発見の連続に感激。ある男子生徒は「市内にこんな施設があるので驚いた。ますます浦安が好きになった」と話した。

エクセル航空

いつもは見あげるヘリコプターを近くで見学
=エクセル航空

浦安マリーナ

ミニクルーズで海からの浦安の眺めを楽しんだ高校生
=浦安マリーナ


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る