おさんぽカメラ: 浦安市花火大会

おさんぽカメラ:

7/26(土) 19:30開始 有料観覧席1万席用意

 「シュルシュル ドドーン」 ― 夏の夜空を光と音のコラポレーションで華麗に彩る、第36回浦安市花火大会(市ふるさとづくり推進協議会主催)が7月26日(土)午後7時30分から8時30分まで開かれる。今年のテーマは「輝く明日へ~未来を照らす市民の輸~」で、浦安のさらなる発展と、郷土浦安の誇りの継承が目的。

花火①

「シュルシュル」―菊の大輪がみごと

花火②

ピンクの牡丹が夜空を焦がす

 昨年は13万人が訪れたが、開始30分で天気が急変。観客は “雨宿り” に避難しただけに大会関係者は「今年は好天になって…」と折っている。荒天の場合は7月27日(日)に順延。
 打ち上げは、日の出・明海地区の総合公園前の海上からで、宗家花火建屋がプロデュースした約6500発の花火が “漆黒のキャンバス” に、思い思いの絵柄を描き、観客につかの間の “涼” と “華” をプレゼントする。

 打ち上げプログラムは (1)灼熱サマーバケーション (2)天空の草原 (3)恋して?ピーチ (4)心の華を咲かせましょう (5)飛び出せ☆ぶんぶん (6)プリズム光の扉を開けて (7)飛翔。
 花火見物には ゆかたに、うちわがお似合いだが、夏の夜空もきまぐれ。雨具を忘れないように―。

 観覧場所は日の出・明海地区(総合公園ほか)で、無料観覧席のほか、今年初めての試みで、護岸を有料席に設定し、1万席分を確保。西側からフィールド席(1人4000円)▽ベイサイドS席(同)▽同A席(1人3500円)▽同B席(1人3000円)▽グループエリア(1エリア2万円、9m2 で10人まで観覧可能)。
 詳しくは専用ダイヤル050-5548-8686か、www.urayasuhanabi.com(随時更新)を参照してください。

花火③

ワイドスターマインの競演

花火④

狂喜乱舞―光と音がみごとなコラボ

花火⑤

スターマインの黄金色が七変化

花火⑥

パチパチ―夜空を逃げ回る光の軌跡

(写真はいずれも昨夏撮影)


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る