高校野球11日から熱戦 浦安勢、一戦必勝で頂点めざす

高校野球11日から熱戦
浦安勢、一戦必勝で頂点めざす

【東海大浦安】 春の県大会で準優勝したが「シードに関係なく、1戦1戦チャレンジャーとして自分たちのゲームができるかが頂点に立てるかのカギ」と森下倫明監督。エース平川は制球力、試合勘、球に切れがありゲームを作れる。リリーフの一志への継投時期がポイント。幸、早川、佐久間のクリンアップは得点能力が高いだけに、1、2番が出塁しかき回せるか。佐久間主将は「油断大敵。1戦必勝で王者を目指す」と意気込む。先制して守りきりたい。

【東京学館浦安】 「新チームになってから公式戦で未勝利なので、大会では初戦はなんとしても勝ちたい。勢いに乗って一つずつ戦っていきたい」と橋口孝司監督。内に秘めるタイプのエース寺本はキレのあるスライダーで打ち取りたい。継投陣は田中、植草、瑞慶山の3人だが6月から調子がいい瑞慶山に期待。打線は「上位がつながればビッグイニング」(橋口監督)も望める。村松主将は「目前の試合から1勝をつかみ取りたい」。

東海大浦安

東海大浦安

東京学館浦安

東京学館浦安

【浦安】 「目指すは甲子園であり、日本一」だが、「同時に地域の子供(小中学生)に夢を持たせる結果と戦い方をしたい」と大塚知久監督。エース片山は直球、スライダー、チェンジアップを左腕特有のインコース攻めで強気に押す。大川捕手とも「投球の組み立て方がわかってきた」。打線は長打力のある広沢の打棒が上位進出を左右。早野主将は「支えてくれた地域の人に恩返しするためにも勝ち続けたい」。

【浦安南】 部員が12人で1年6人、2年4人、3年2人。落合克行監督は「1年生が多く、高校に入ってから硬式ボールに触れた “初心者” 選手なので、”1勝” することが目標」と控えめ。若いチームを引っぱるのがエースで主将、打線の要でもある田中(2年)。169センチの小柄だが「自分でなんとかしたい」と、直球に逃げるスライダーで三振を取りにいく強気の投球術をみせる。田中主将は「勝ちにつなげるよう打撃、ノック中心に基本練習を繰り返し、チームワークで戦いたい」。

浦安

浦 安

浦安南

浦安南


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る