浦安点描: 「網打ち10年」目指し 稽古

細川流投網保存会

 浦安市の母なる川・境川で数入の壮年者が乗り込んだ船が遡ってきたのに出会った。「何をされているんですか?」と尋ねると「投網の練習だよ!」。威勢のいい答えがかえってきた。投網保存に懸命の「細川流投網保存会」会員が月に2回、行っている現場だった。
 つい1か月前、サッパ舟の嫁入り舟で新婚カップルが市民の祝福を受けた川面で、名入の技を “盗もう” と必死のメンバーたち。投網船の舳先に踏ん張りバランスをとった会員は、ハンマー投げよろしく「えいっ!」、網を投げ下ろす。「網打ち10年]の伝統芸を目指して稽古はつづく。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る