嫁入舟、野点などで”復興”アピール カフェテラス in 境川2014賑わう

嫁入舟、野点などで”復興”アピール
カフェテラス in 境川2014賑わう

 うらやす観光推進協議会が主催し、浦安観光コンベンション協会、浦安商工会議所、市が運営する「カフェテラス in 境川2014」が5月24、25の両日、市役所周辺の境川で行われ、多くの観先客や市民でにぎわった。

嫁入り舟

情緒たっぷりの嫁入り舟で新婚カップルが両岸から祝福された


カフェテラスin境川での野点

浦安商工会議所女性会の野点も人気だった

 地域資源の境川を生かして、新たな文化の創造が目的。両日とも午前10時~午後4時まで、しおかぜ歩道橋付近~江川橋付近で開催。嫁入り舟や幸せの絵馬奉納、人文字アート、チャリティ野点、ホテルグルメなどで “復興” をアピールした。
 24日に嫁入り舟に乗ったのは神楽桂典さん(29)、玉野知佐さん(29)と小笠原拓也さん(30)、江藤優花さん(30)で、4人すべてが浦安在住。
 神楽さんは新生活への期待とふるさと浦安への思いがこもった笑顔をみせ、知佐さんとしおかぜ歩道橋脇から舟に乗り、岸の祝福に小さく手を振って応えながら豊受神社に向かった。松崎秀樹市長から「少子化対策基金を設けるなど子育てに力を入れている。おめでとう」と祝福されると、佳典さんは「浦安のビッグダデイと呼ばれるよう生活していきたい」とお礼を述べた。
 また、新婚さんの門出を祝って市内の幼稚園児が園庭で描いた人文字をカメラマンが撮影して拡大、境川周辺に、「人文字アート」を飾り、祝福ムードを演出。境川左岸に絵馬掛けを特別設置。イベント参加者が掛けた約300枚の絵馬は豊受神社へ折祷、奉納した。
 境川テラスの特設ステージでは、嫁入り舟などを祝福する演奏や踊りが披露。水上ではお囃子の演奏や乗船体験なども行われた。
 境川沿いの特設テントで、市内ホテルで評判のご当地グルメなどを提供。親子連れなどが特設テーブルで舌鼓を打っていた。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る