レッツゴー バルドラール浦安

レッツゴー バルドラール浦安

若き米川監督が就任

バルドラール浦安 エンブレム

 地元浦安市総合体育館をホームアリーナとして国内最高峰のフットサルリーグを戦うバルドラール浦安。今季から新たな監督のもと、リーグ制覇を目指す。今季就任した若き指揮官はこの5月9日で34歳の米川正夫監督。バルドラール浦安の女子チーム「ラス・ボニータス」を数々の栄冠に導き、さらに昨年は男子の下部組織「セグンド」を全日本フットサル選手権関東代表として全国べスト8まで進めた。今年はトップチームを率いて、もちろん昨年以上の成績を残し、かつ、多くの人に愛されるチームにしていきたいと言う。

米川正夫監督

張りきる米川正夫監督

 Fリーグpoweredbyinゼリーの開幕は6月27日、国立代々木競技場第一体育館に全12チームが参加して行われる「代々木セントラル」からスタート。浦安の開幕戦は28(土)17時のエスポラーダ北海道との対戦。ホーム開幕戦は、7月5日(土)浦安市総合体育館でのアグレミーナ浜松戦となる。また5月22日(木)からの4日間はFリーグ12チームに指定大会を勝ち抜いた2チームを加えた14チームによるカップ戦も小田原で開催される。
 いよいよシーズンスタートに向けて新しいチームが始動。米川監督からは「いつ観戦にきても面白い試合をしたいと思っていますので、是非とも会場にお越し下さい!そして、バルドラール浦安を応援してください!」と力強いメッセージを預かった。勝利に向けてゴー! バルドラール! バモ! 浦安!


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る