おさんぽカメラ: 5/10(土)・11(日)、浦安駅前で ふれあい『百縁商店街』

おさんぽカメラ: 5/10(土)・11(日)、浦安駅前で
ふれあい『百商店街』

捕まえて、作って、見て、食べて、乗って楽しんで

 この日はいろいろやってみる! 浦安市商店会連合会(宇田川正美会長)が主催する「ふれあい百縁商店街」が5月10日(土)、11日(日)の両日、東西線浦安駅前で開かれる。

百縁商店街ポスター実行行委員会手づくりの来場を呼びかける
「ふれあい百縁商店街」ポスター

 

 このイベントは、人と人とのコミュニケーションで街と商工業の発展を目指そうと、出店する約50店が100円商品を一品以上販売するほか、”母の日” にちなんだワークショップや「どじょうつかみ」「ミニSL体験」、阿波踊りなどのパレードが行われる。同商店会連合会では「市民の皆さんのご来場をお待ちしています」とPRしている。

 この催しは、同商店会連合会理事で実行委員長の小川康弘さん(43)によると、都市化の進展の中で、商店会の高齢化や後継者難などによる店舗減に歯止めを掛け、店同士、店とお客さんとの交流を通じて浦安駅周辺の活性化をねらい昨年9月に、市内の16の商店会が参加して初めて実施し、3万人が訪れ賑わったという。2回目の今回は「GWで遠出した市民に身近な地元に来てもらおう」(小川さん)と5月に繰り上げた。

百縁商店街:ミニSL体験

子供たちに入気だった「ミニSL体験」〈昨年の様子〉

百縁商店街:イベント会場

多くの市民らで賑わったイベント会場〈昨年の様子〉

百縁商店街:阿波踊り連

阿波踊り連もイベントを盛り上げた〈昨年の様子〉

 開催場所は浦安駅周辺の駅前通り、西友前通り、西友裏せせらぎ広場(SL通り)で、歩行者天国になり、自転車、バイクも含め車両は通行禁止。初日の5月10日は午前11時~午後6時、最終日の同11日は午前11時~午後5時の間、いろいろなイベントが展開される。
 出店する各店舗が工夫を凝らした100円商品や、通常取り扱っているお店自慢、お勧め商品など、さまざまなものが並ぶ予定なので “品定め”も楽しそう。
 両日とも3つのゾーンで、捕まえる!(人生初のどじょうつかみ)▽作る!(大人も子供も楽しめる雑貨づくり)▽見る!(駅前の特設ステージや路上パフォーマンス)▽食べる!(駅前で買い食い)▽乗る!(ミニSLで楽しさ満喫)― で1日楽しめる。
 また、10日11時から30分ずつ、阿波踊り(東京葬祭従業員)や纏パレード(正福寺檀家)、11日は11時から1時間、浦安市のサンバチーム「エストランジェロイス」の踊りが披露される。
 このほか、両日とも正午から大道芸演技(西友前)があるほか、市内のバンド演奏やキッズダンスなど盛りだくさん。
 小川さんは「イベントで培ったノウハウを他の商店会にも吸収してもらい活性化につなげてほしい」と意気込んでいる。
 ※荒天などで、予告なく変更となる場合があります。
     ◇

「ふれあい百縁商店街」 
▽共催:浦安駅前商店会、浦安駅南口商店会
▽協力:浦安商工会議所など
▽後援:浦安市

百縁商店街:地元ユニットの熱演

ステージでは地元ユニットが熱演〈昨年の様子〉

百縁商店街:ゆるきゃら「うっぴー」

ゆるきゃら「うっぴー」も登場〈昨年の様子〉


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る