浦安SC 千葉県選手権4連覇

浦安SC  千葉県選手権4連覇 

 浦安サッカークラブ(齋藤芳行監督)が、3月16日に行われた千葉県第1種サッカー選手権決勝で、VONDS市原FCを2-0で下し、大会4連覇を果たした。
 この大会は天皇杯千葉県予選を兼ねており、シードされている浦安SCはシーズン初の公式戦として、今年3月の決勝トーナメントから出場した。
 浦安SCは初戦で国際武道大学に3-2と苦戦したが、続く城西国際大学に3-0と快勝。決勝戦の相手、市原FCは浦安SCと同様に今季、関東サッカーリーグ1部に昇格したライバル。

浦安SC 千葉県選手権

パンチングで相手ゴールを阻止するGK永井
(浦安SCのホームページより)

 市原臨海競技場で行われた試合は、前半11分、MF村田がドリブルで持ち込み、ゴール。1-0で折り返した後半27分には、MF清水が相手GKと1対1となり、揺さぶって豪快に決めた。
 浦安SCの所属する第1種は、社会人・クラブ・大学のチーム。6月に高校・専門学校・クラブユースの第2種チームの代表と対戦し、勝てば本大会に出場できる。
 浦安SCは昨年の天皇杯にも出場したが、1回戦で敗退している。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る