浦安観光コンベンション協会 新年度事業  アジア初!! 『ユネスコのダンス祭り』

浦安観光コンベンション協会 新年度事業決まる

3つの大型イベント開催

アジア初!! 『ユネスコのダンス祭り』

 (一社)浦安観光コンベンション協会(柳内光子会長)の臨時総会が3月25日、浦安商工会議所で開かれ、26年度の事業計画が発表された。日本で初めての開催となるユネスコ・ダンス祭りや浦安フェスティバルなど大型イベント・事業が盛り込まれ、話題豊富な1年になりそうだ。
 協会の新年度の主な事業は (1)修学旅行などで浦安を体験してもらう「教育旅行誘致」 (2)浦安の特性を演出しながらの「コンベンション誘致」 (3)少子化対策の一助となるよう「婚活」 (4)多くの観光客を呼び込む「集客イベント」 (5)観光客の満足度を向上させる「受け入れ環境整備」の5本柱。
 注目されるのは (2) の誘致イベントで、3つの大型事業を展開する。
 その中の最大事業は、「ユネスコのダンスコングレス」。世界155カ国が加盟する、平和を目的とする世界規模のダンスのお祭り。
 これまではヨーロッパ中心だった開催地を政府観光局の働きかけで日本へ。それも東日本大震災の被災地のなかで復興途上の〈国際観光都市・浦安〉に白羽の矢が立った。
 日本を含めアジア地域での開催は初めて。10月23日からシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルで5日間。各種ダンスの研究発表やパフォーマンスが繰り広げられ、ワークショップではダンスの指導も。
 このほかにも▽全国女性消防団員活性化千葉大会(11月) ▽全日本学生競技ダンス選手権(12月)と話題の多い大型イベントが企画され、いずれも2000人以上の来訪者が予定されるという。
 また、集客イベントとしては例年のカフェテラス・イン・境川(5月)や浦安フェスティバル2014(時期末定)も計画されている。
 このフェスティバルには市外から多くの観光客を受け入れるため、実行委員会を組織して実施計画を検討するという。
 これらの事業全体を通し、浦安市への訪問者にどんな”おもてなし”ができるか。市民との交流でいかに市内に足を運んでもらうか。観光関連企業との連携も求められそうだ。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る