レッツゴー バルドラール浦安

レッツゴー バルドラール浦安

バルドラール浦安 エンブレム

 今シーズンもあと1歩チャンピオンには届かなかった。前期3位、後期5位、トータル3位でプレーオフに進出を決めたバルドラール浦安は、岸和田市総合体育館で行われたプレーオフ1stラウンドではチーム全員の力で制した。しかし、決勝をかけた2ndラウンドで2試合を惜敗し、リーグ制覇の夢は途絶えた。
 3日間にわたる連戦による疲れもあったことだろう。気をつけていたセットプレーからの失点が痛手となり、ファイナルラウンドヘは進めなかった。

チャンスを伺いながらドリブルする岩本昌樹選手

チャンスを伺いながらドリブルする岩本昌樹選手(中央)
2月22日(土)vsバサジィ大分戦=岸和田市総合体育館

 今シーズンは、もう一歩勝ちきれない厳しいゲームが続く日々。全員で話し合い、修正しながらシーズン後半には調子をあげてきただけに悔しい結果となってしまった。リーグ戦が終わっても今シーズンはまだ続いている。3月7日から開幕の第19回全日本フットサル選手権大会には、バルドラール浦安のトップチームであるプリメーロはもちろんのこと、関東地域第2代表として出場権を勝ち取ったバルドラール浦安セグンドも参加する。
 決勝トーナメントで両者が対決する可能性もあり楽しみも2倍となった。2011年の同大会では準決勝までコマを進めながら、東日本大震災により中止。翌年は準優勝と、タイトルに手が届くところまできていたが、昨年まさかの予選リーグ敗退。積年の思いをこめて、今年こそ!ゴー!バルドラール!バモ浦安。

 試合予定 

予選リーグ
 3/7(金)~9(日)
  グループF バルドラール浦安(宮城 古川総合体育館)
  グループB バルドラール浦安セグンド(大阪 舞州アリーナ)

決勝トーナメント
 3/14(金)~16(日)(国立代々木競技場第一体育館)


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る