世界の虫を間近で見よう! 食虫植物も、子供でにぎわう

交通公園展示ホール 9月初めまで開催

 緑色に化粧、黒光り、角を上げて威嚇―さまざまな生態をみせる昆虫たち。市交通公園展示ホールでの「昆虫選挙上位種と食虫植物展」が人気。珍しい昆虫や食虫植物が間近に見られるため、多くの親子連れが夏休みに訪れている。

アトラスオオカブトムシ

アトラスオオカブトムシ
全長5 ~ 11.5センチ。東南アジア全域に分布。ギリシャ神話の巨人「アトラス」から名付けられた

セアカフタマタクワガタ

セアカフタマタクワガタ
全長4~9・2センチ。インド・タイに分布。大アゴの力がとても強く、争いの時は相手を投げ飛ばすまで放さない

テキサスジャイアントビネガロン

テキサスジャイアントビネガロン
全長10センチ。アメリカに分布。サソリに似ている節足動物。酢酸を出す。ひどく匂い、頭痛を伴うことも

ウガンデシスオオツノカナブン

ウガンデシスオオツノカナブン 
全長4~9センチ。ザイール・ウガンダなどに分布。色の種類が多い。角があり、カナブンの仲間

 コーナーには、カブトムシ、クワガタなどがゲージの中をのっそり歩き回ったり、ひっくり返ったり、木の枝や葉っぱのかげに隠れたり。サソリそっくりなこわそうな昆虫もいて、ゆっくり動くと “不気味”。

 展示は昆虫30種類、食虫植物とオオルリアゲハチョウなど東南アジアのチョウ、全長17センチもある世界一大きいヘラクルスオオカブトムシなどの標本。

 スイスから浦安の実家に里帰りしている母親と子供2人は毎日のように来園。
 「子供たちが遊びやすく、展示の解説も子供目線で紹介され、わかりやすい。ハリネズミの針は体毛が硬化したものと、初めて知りました」と母親。
 「本物の昆虫がこんなにいるなんて驚いた。葉っぱに隠れている昆虫を探すのが楽しかった」(小3男子)。
 「大きなウサギがいるので見に来たら、昆虫展を開いていてラッキー。自由研究の参考になるかな」(小6女子)。

 チーフ飼育員、山川佳一さんは「温度、湿度、エサは何にするか、苦労します。夏休みに子供たちに喜んでもらえるのがうれしいですね」という。

 9月初めまで(夏休み期間中は月曜も開館)。9時~17時半、月曜日に限り動物とのふれ合いは休み。
 【問】市交通公園(でんわ047・351・4083)。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る