うらやすの人(41): 樹木医の草分け 有田和實さん(72)

 浦安市内は例年より1週間以上も桜(ソメイヨシノ)の開花が早かったため、花見の名所は市民でにぎわった。
 今年で28期となる樹木医の草分け(2期)。「樹とともに生きる」がモットーで、ソメイヨシノの桜守と関係者から評されているのが有田さん。
 東日本大震災(3.11)被災から7周年を迎えた「相馬野馬追」で知られている福島県南相馬市(旧原町市)出身。6人きょうだいの3男に生まれ、中学3年まで同市で育った。「父親はダム建設などに携わってきたので、兄弟は建築や土木関係に進んだ」という。

有田和實さん

浦安市役所前の桜をチェックする有田さん

 かつての故郷、「鹿島の一本松」も津波で傷つき、昨年暮れに伐採された。「鎮守の森を守り隊」を結成し、樹木医の立場から“神社の森”の復興にも力を注ぐ。
 東京農大で造園を学び、造園会社に就職。北海道から沖縄まで47都道府県で造園事業に携わってきた。
 浦安には22年前に移住。東京・成城学園での桜並木の調査など、それまでの経験を生かしてNPO法人「樹の生命を守る会」を立ち上げた。浦安市などで桜の街路樹などの樹勢診断・樹勢回復治療を通じて樹木の “健康管理” に務めている。

 そのうえで、樹木医の役目を聞くと「街路樹などの安全管理」を挙げた。「桜でいえば植栽から半世紀がたち、箱状の自動車にぶつけられ腐ったり、枯死して倒れたりして、通行人や通行車両の安全・安心のためにチェックする」としている。 
 30年近い樹木医歴か感じ取ったのは「動物より植物のほうが子孫を残すために必死で、能動的」ということ。
 寸暇を惜しんで樹木医仲間やひとりで、年に3~4回、台湾やベトナム、タイ、マレーシアなどを訪れ、樹木の研究や温暖化防止に取り組んでいる。
    ◇
 樹木医認定制度は平成3年、林野庁の国庫補助事業でスタート。事業主体の財団法人日本緑化センターによる民間資格。造園関係や研究職、コンサルタントなどのOBが多い。
 樹木医は、樹木の診断、治療等に関する業務経験7年以上(樹木医補の資格があれば認定後の業務経歴が1年以上)の者が受験できる第1次審査に合格。2次審査の2週間程度の研修で、筆記試験と、面接に合格する必要がある。(2面参照


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る